いま注目の投資するべきセクター紹介

株式投資のいまが旬のセクターを紹介します!

TPP関連銘柄

      2016/10/11

TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)の大筋合意により今後、株価への影響と県連企業の業績に大きな変化が出る可能性があり、投資家の中にはTPP関連銘柄に注目する人も多いです。

主な銘柄として注目を浴びているジャンルが農業関連銘柄であり、食品関連や、貿易関連、農機具や発動機関連銘柄も今後の成長が期待できます。

株式投資には方法が大きく2つあり、1つ目が中長期で企業の成長やインカムを目的とする投資やと、短期間で利ザヤを稼ぐ投資があり、投資という概念では同一でもその方法に関して大きく異なる部分があります。

中長期的の投資する場合、長期的な企業の成長と株価上昇を狙い、その中で配当や優待という株主還元というベネフィットを得ます。 

一方で、短期投資は、安く買った株を高値で売り抜けるか、先行して空売りをかけて株を安値で買い戻す方法があり、信用取引と現物取引の違いがありながらその意味は同一です。

ただ、株式市場では、多くの投資家が資金を投入し、大手企業からヘッジファンド、そして個人投資家まで様々な投資家が存在し、利益を獲得するため、激しい展開が行われています。

買えば下がる、売れば上がると、投資行動の裏をかかれることも度々あります。

ただ、中長期的な投資を目的とするのであれば、買い付け単価から株価が上がろうが下がろうが、今すぐ関係ないので値下がりのストレスを感じません。

TPP関連銘柄の場合、今後、市場の広がりが期待でき、大きな勝負に出なくとも中長期での成長を期待して、堅実で安定したとうしが行えます。

食品関連銘柄、農業関連銘柄、食品を多く取り扱う大手スーパーにも株価上昇の期待が出来るでしょう。

ただし、安定した投資を行うのであれば、財務体質の健全な企業での投資を心がけましょう。

 - 注目セクター ,